一畳のくつろぎタイム

このブログでは紹介する商品画像をAmazonアソシエイトより借りています。画像やリンクにはアフィリエイト広告が含まれる事があります
ラベル 故障 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 故障 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2023年11月22日水曜日

SwitchBot スマートプラグ プラグミニが半年ぐらいで壊れて交換してもらう

2024/06/28 追記 交換品が届く

送り元がZKJという謎の荷物が佐川急便で届く、直近に買い物をした心当たりがなく
ネガティブ・オプション(送り付け詐欺)を疑う、一生懸命考えたら以前のSwitchBot修理品が届いた時に確か「ZKJ」とかそんなわかりにくい名前だったような・・・。中身もそれっぽいサイズだし。
 
と、 開けてみますと予想通りでした。

新しく届いたものはロットナンバー2413でした。
 
交換申請を受け付けましたのメールもないし、発送しましたのメールもないのでびっくりする。しかし交換品は予定通り6月下旬に届きました。

以下のロットナンバーのSwitchBot プラグミニをお持ちの方は交換申請の期限が2024/7/1までなので、急ぎましょう。
2219,2220,2221,2224,2225,2226,
2227,2231,2233,2235,2236,2237,
2239,2240,2241,2245,2252,2309,2310,2313
 

2024/04/17 追記 はずれロットだった模様

どうやらうちのSwitchBot プラグミニ2台とも不具合ロットだった模様
2252と書いてありました。
 
SwitchBotサイトより引用:
 SwitchBot プラグミニの一部製造番号において弊社想定よりも製品寿命が短く、通常製品よりも故障確率が高い事が確認出来ました。
 
1台めは下に書いた記事で数か月で故障->交換、2代目がつい最近保証期間切れたら即ぶっ壊れたところなので、交換申し込みました。
交換申し込みは、上記リンクのページに専用のフォームが用意されているので、そちらから申請しましょう。
申請期限が2024年7月1日までらしいので、私と同じでハズレを引いた方は迅速に交換申請しましょう。 
 
ただ嬉しいのはハズレを引いただけで
SwitchBot≠長持ちしない
という事で、耐久性に問題がないのなら買い増ししてもいいかも。
理想のスマートプラグはSwithBot製しかないんだ。
 

2024/03/28 追記 2個セットのもう1つも壊れる

2個セットで買ったSwitchBotスマートプラグミニのもう1つも死にました。

プラグアイコンが顔に見えません?●▼●

夜中にRaspberryPi4のファイルサーバーが再起動を繰り返し、不定期なリレースイッチ音、繰り返されるHDDのシーク音で目が覚めました。
幸運にもディスクは無事でした。もうスマートプラグでの電気消費量測定は懲りました。


こちらは2023/03/02に買ったもので、2024/03/28の故障はソニータイマー的な死亡なため保障切れで交換も不可能です。Googleで調べると耐久性に問題のある商品のようです。
+Styleは勝手に電源OFF、SwitchBotは耐久性、 100点の製品はないなぁ。

コンデンサ変えたら治るらしいので、そのレベルの修理であれば余裕のある時に分解修理チャレンジしてみます。

 

以下は1つめが故障した時の保証期間内に交換をしてもらった記事です。

2023年7月25日火曜日

Nature Remo E Liteがソニータイマー的に壊れたので分解してみる

Nature 電力モニタリングシステム Nature Remo E lite

 

NatureRemo E Liteと過ごした幸せな日々

スマートメーターを活用したくNature Remo E Liteを買い、こちらの記事で書いたように

https://blogger.kinkuman.net/2022/12/nature-remo-e-litedgs.html

リビングで大きく表示することもできるようになり、電力の見える化することで、節電意識が高くなったし、家電毎にリアルに消費している電力がわかるという新しい価値が得られました。見える化すると節約したくなるという。

特に電子レンジって500Wというけど、実際には1000Wぐらいで動いてるのは意外だった。
時短ではあるが節電家電ではない。
エアフライヤーよりレンジを節電だと思って優先したりしていたけど、違うようだ。