一畳のくつろぎタイム

このブログでは紹介する商品画像をAmazonアソシエイトより借りています。画像やリンクにはアフィリエイト広告が含まれる事があります

2024年7月2日火曜日

砂糖中毒を疑い、砂糖断ちをしてみた(8週目突入)

 目次
  • 甘いものを食べることが気分転換 
  • 体重の維持ができなくなってくる
  • 甘いもの中毒なんじゃないかと考える
  • 砂糖断ちをする 1~7週
 

甘いものを食べることが気分転換

私は酒もそれほど好きじゃないし、タバコもおいしいとは思えず吸いません。
気分転換の方法をあまり持っておらず、お菓子やスイーツを食べる事が気分転換やリフレッシュとなっていました。

 仕事でうまくいかないときや、やることが多くて大変な時など、甘い物が食べたくなり、息抜きも兼ねて休憩のたびに甘い飲料を飲んだり、お菓子を食べたりしていました。

体調が悪い時にも、不快感に対抗するために甘いものを大量に買ってきて食べていました。

甘いものは美味しいです。甘美です。幸せです。
でも長持ちしません、買いに行くときはワクワクするし、食べてる最中は本当に幸せです。でも食べ終わるともっと食べたくなる。

たくさん食べたいためにファミリーパックと書かれた300~500円ぐらいのお菓子を買ってきますが、1人で全部食べてしまいます。
新商品などいろいろ買ってきたお菓子を味見したくて1つ食べると、あとをひき、結果全部食べてしまいます。

今日は半分までなど決めておいても、気がつけば食べ尽くすことも日常です。
甘いものだけ食べていると、さすがにきつくなってくるので、ポテトチップス等中和できるお菓子も一緒に食べます。

中和すればまた甘いお菓子がおいしく食べれます。

こんな状態なので、お菓子がストックされるようなことはなく、即消えます。
そのため買い物に行くと必ず1つは甘いものを買って帰ってきていました。

ケーキにプリン、和菓子、チョコなど3,4品買うのも日常でした。
むしろそれが人生の楽しみというか、新製品など出てると必ず買っていました。

あとは定期的に山崎製パンの薄皮チョコパンが食べたくなる。
山崎製パンの甘さでぶん殴ってくるパンがなんだか欲しくなるのだ。

 

体重の維持ができなくなってくる

体が若いうちは、お菓子や甘いものをたくさん食べていても体重維持が可能でしたが、ある程度の年齢になったからか体重が増えてきます。

服がきつくなり、でも着れないからと新しい服を買うのは敗北だと感じていて、着れるよう維持していきたいとは考えています。
筋トレやウォーキング、ランニングなどを頑張りますが、途中体調を崩したり、イライラすると甘いものをガッツリ食べて、運動の成果がほとんど出ません。

体組成計でみると筋肉量は増えていますが、体重の変化で見ると横ばい、もしくは筋肉が増えた分、体重が増えたりします。

長期で見てはいますが、まったく結果がでない努力はつらいもので、もういいやと諦めてしまいました。


ふと甘いもの中毒なんじゃないかと考える

太りたくないが、イライラしているときにどうしても甘いものが欲しいと感じる。
なんでこれほどまでに欲しいと感じるのか?

それから甘いものを食べだしたら止められない。
気持ち悪くなってまで食べている時すらある。

中毒性のあるものというと古くはタバコや酒、パチンコ、ギャンブル、新しくはゲームやSNSなどいろいろあります。

甘いもの(糖分)は脳のエネルギーというし、疲れた時には糖分を取るとよいとも聞いて育ってきた。

そのため

糖分=よいもの

という認識でいたのですが、なんか違うのではないだろうか?
今の状態が依存症とか中毒の症状に近いように感じる。

そして疑問を持ち甘いものの中毒性について調べるといろいろ出てきます。
結局ほかのものと同様で中毒性(依存性)があるものなので抜け出すには一旦その状態から抜け出す必要がありそうです。

 

もしかして中毒?を抜けだすために砂糖断ちをしてみる

砂糖断ち自分ルール

  • ダイエット目的ではないので、甘くないパンや米など炭水化物は食べる
  • 甘いものは買ってこない
  • 極端には考えず、差し入れ品とかはいただく

 

砂糖断ち実施

1週目 地獄

たべたい食べたい、甘いものが食べたい。
つらい、チョコ食べたい、ケーキ食べたい。

代わりにネットで調べた素焼きナッツや、お茶、コーヒーなどでごまかすが、食ではごまかしきれない。

イライラの原因は空腹ではないので、ウォーキングをしてみたら一番効果があるように感じた。 代わりのものを食べるという対処は、ナッツ1袋平らげてしまってもまだ満たされないという状態に陥ってしまい自分には合わなかったので、この後は食べたいと感じた時は、とにかく外へ出て10分程度歩くことにした。

 

2週目 少し緩和する

たまに甘いものが欲しい衝動が来るが、以前ほどではない。
単なる無糖コーヒーより、牛乳を入れた無糖カフェオレが飲料系でのリフレッシュでは自分に合っていた。牛乳の甘みというか砂糖ではないほのかな甘みが得られるのでそれで満足できるようだ。

耐えられないときは天候が悪くてもウォーキングに出る。もうこれしかない。
砂糖断ちの方法を調べる途中に、このテーマを扱った映画があることを知る。

映画「あまくない砂糖の話」

見る方法を調べたところ、ちょっと前にはAmazonプライムビデオで視聴可能だったようです。しかし今はできない、ゲオの宅配レンタルにはこの作品がなかったため、久しぶりにツタヤディスカスで郵送DVDを借りる事となった。

3週目 平常運転なら耐えられる

1,2週目で甘いもの代わりに飲んでいた、濃いめのお茶やコーヒーなど苦いものが以前よりおいしいと感じるようになる。

イライラしていると甘いものをまだ欲しくなってしまうが、ウォーキングしにいかなくても耐えられるレベルにはなってきている。


甘くない砂糖の話のDVD届く

久しぶりの映画DVD、PCにDVDドライブはあるが、DVD視聴ソフトがなくて困る。
調べるとVLCメディアプレーヤーで見れることがわかる。
見ている余裕がなく、返却期限のギリギリ、来週見る予定


4週目 3週目と大きくは変わらない

ウォーキングでごまかさなくても、甘いものを食べたくて仕方がない衝動はなくなってきて、以前ほどスィーツコーナーが輝いては見えない。
おかげで買い物に行った際のお金が節約できているように感じる。

それでも極度にストレスがたまると、何か口にしたくなるが、昼食や夕食が近い時間だったりする場合はもうご飯を食べてしまう。

甘くなくても食事でストレスが緩和され、甘いものに頼らなくてもなんとかなってきています。

空腹と砂糖中毒の衝動の分別ができるようになる

4週目に感じたのは、空腹と甘いものが食べたい衝動がごちゃ混ぜになって区別できてなかったこと、今は空腹と衝動の区別がつく。 

それから砂糖断ち前は、食後に満腹でもデザートとしてなにかしら甘いものを食べていましたが、その習慣を止めることが苦痛に感じなくなりました。

体の変化としては、ぷっくりお腹のボリュームが本当に若干だけど減った気がする。

「あまくない砂糖の話」視聴

砂糖断ちの先達が得られるのは素晴らしい機会だと感じました。
 
感想は長くなったので別に書きました。
こちら
 

4週目実験

4週目、強烈な衝動はなくなってきたため、試しに甘いメロンパンを1つ買って食べてみました。
半分食べたあたりで満足します、実験だったので全部食べてみたが、甘さ過多のためか牛乳など中和するものがあとから欲しくなりました。

中和が必要なほど濃いものを食べてはいけないと感じます。

昔はスナック菓子などしょっぱい、辛いもので中和して、また甘いものを食べるというよくないサイクルを繰り返していた事に気づきます。

 

5週目 ちょっと寂しい

甘いものなしの生活にちょっとだけ寂しくなる。
甘いものを食すことを止めた事で、今まで習慣のようにやってきた新製品のお菓子を買ってきて食す楽しみや、好みのお菓子をリピートして味わうといった事がごっそりなくなってしまったからだと思う。

1カ月が経過し、砂糖中毒はおおむね抜けられたように感じますが映画「あまくない砂糖の話」の中で頭がクリアになるのが2カ月後だと言っていたので、2カ月は断つ予定でいます。

今回の寂しさは、甘いものが恋しいわけではないので風味の違うコーヒーや様々な料理でもよいわけです。
甘いものによって満たされてきた、いろいろなものが食べたい欲求がほかのものに向いたのだと思います。

紅茶に手を出す

コーヒー以外にお茶のバリエーションが欲しくなり、これまで麦茶がいまいち好みじゃなかったのですが、薄いせいだとわかり、2倍の濃さで作るようにしたら、おいしいと感じるようになりました。

紅茶も同じような理由であまり飲んでいませんでしたが、茶葉多めでちょっと濃いめに出してミルクティーを作って飲んだらたいへんおいしかった。

これ買ってきた

うれしいニュースとしては、BMI値がギリ正常値範囲になりました。

砂糖断ち以前に、ちゃんとした食事を取った後に、空腹は満たされているのに、何か(お菓子系)を食べたいと感じる衝動(おなかは満ちたが気持ちがみたされない)は、砂糖の中毒症状によるものかもしれない。

 

5週目実験

ほとんど砂糖のない、カカオ成分が90%近い高カカオチョコレートを食べてみました。

明治 チョコレート効果 95%


健康にいいという情報から、昔に買った事はありましたが「苦行で食えたもんじゃないな」と思いそれ以来買った事がありません。

砂糖を抜いた5週目では、キリッとした苦みと酸味がうまく感じた。
かといって普通のチョコレートのように後を引くようなこともなく、空腹時に食べると1包み5gでわりと満足します。


6週目 本当の欲求は体を動かしたい?

甘いものでごまかさない事で本当の欲求がわかったような気がしました。

いままで、仕事中に頻繁に甘いものが欲しくなっていたのは長時間椅子に座っていて体が固まっていることに対する不快感で、本当の欲求は食べる事ではなくて、体を動かしたい欲求だったのではないだろうか?

なにか甘いものを食べれば、安易に幸せな気持ちが得られるため、体が固まってる不快感も和らげることはできていました。しかし根本的な解決ではないので、ストレッチをしたり歩いてくるのが一番です。

どうもストレス(肩こりなど体の痛みも含む)に対する緩和剤として甘いものを摂取していた疑いがあります。

高カカオチョコレートはストレスに良いみたい

加入している雑誌のサブスクで、ちょうど高カカオチョコレートの本があったので読んでみると、甘みよりもむしろコーヒーや高カカオチョコレートのような苦味の方がストレスには良いみたいでした。

砂糖断ちなしに高カカオチョコレートは苦痛かも

体の変化は落ち着いてきた印象があり、体重は緩やかに減っていますが、最初の4週と比べると変化は少なくなってきています。

砂糖中毒を抜け出すのが目的で、ダイエットは目的ではなかったのですが、甘いものを摂取しない努力以外していないのに1か月ちょっとで4kg体重が減ると、ここで筋トレしたら効果高そうだと感じます。

とりあえず2カ月(8週間)は甘いもの断ち以外の努力はしないと決めてますので、違う意味で2週間後が楽しみです。

 

7週目 体重の変化はほとんどなくなる

変化はほとんどなくなってきました。
体重の減少も止まり、甘いものが無い生活も日常となりました。
私の場合、砂糖中毒からの脱却はどうやら6週間程度で叶ったようです。

ヨーグルトもプレーンで食べるようになりましたが、酸味の少なめのヨーグルトが食べやすいため選んで買っています。

酸っぱさが少なくてプレーンでも食べやすい

7週目感じたこと

甘いもの大好き状態だと、食欲が増幅されているような気がします。
ダイエット目的で食事制限などをした場合に、砂糖断ち1週目に現れた甘いものに対する渇望も出てきてしまい、空腹に対するストレスが大きく違うのではないだろうか?

砂糖中毒から抜けた今は、お腹すいたなと感じるのは変わりませんが、多少の空腹は苦じゃないし、そのあと食べた時にも、おなかが大方満たされればそれ以上食べたいという欲求は強くは発生してこないように感じています。

これで7週目も終わります、次の1週間が終わったら筋トレを解禁して、以前より瘦せられるかどうか実験していきたいと考えています。


8週いくまで、また更新します。