一畳のくつろぎタイム

このブログでは紹介する商品画像をAmazonアソシエイトより借りています。画像やリンクにはアフィリエイト広告が含まれる事があります

2019年4月25日木曜日

pCloudを試した



Google先生がpCloudっていうストレージサービスがあることを教えてくれました。

他と違う点で、貧乏人が惹きつけられたのがLifeTimeっていうプランがあること。
LifeTimeってなんぞやと調べたら、普通に一生だった。

まぁ一生とは言っても、サービスが自分が生きてる間ずっと継続する保証はないので、pCloudサービスが生きてる間と解釈するのが正しい。

一生プランは2種類ある
  • 500Gプラン 175$
  • 2Tプラン     350$
容量4倍なのに、金額は2倍なので、どう見ても2Tプランがコスパに優れる。
うちの簡易NASが3Tで余りが1Tぐらいなので、2Tでため込んだデータを預けられる。
NASが食ってる電気も無駄っちゃ無駄。

とりあえず10G無料プランってのがあるようなので、百聞は一見に如かずということで、
無料プランを試してみましたが・・・・。

なんかやり方がとってもイヤなシステムを取っていた。
初期容量は3Gbyteしかなくて、チュートリアルみたいのやると10G上限に増えるという。

  • ファイルのアップロードで+1G
  • ファイルのダウンロードで+1G
  • パソコン上のアプリ入れてログインしたら+1G
  • スマホのアプリを入れてログインしたら+1G
  • 残り3Gは友達を勧誘したら1人あたり+1Gずつ増加?????

 
+4Gまではよくあるチュートリアルを兼ねたボーナスです。しかし次からチュートリアルではない作業が混じります。

そんなにpCloudを良いと思っていなくても友人を犠牲にして勧誘しなければ7Gまでしか使えないという。
3G~7G無料、8G~10Gまでは営業活動をすることで無料?で増加可能ということなので、
3人勧誘できたら10G使える感じかな。
あとは月毎に一番勧誘できた人を選んで一生の500Gプレゼント企画とか。

よく読んでないだけかもしれないけど、10G使えず騙された感があるのと、
インセンティブの手法が貧乏人を競わせるみたいな感じですごく嫌。

月額課金の金額も他と比較すると安いので、そういう点に惹かれるか、一生プランに価値を見出せばありかと思います。

しかしストレージというものは電気というランニングコストがかかります。
買い切り型のため初期投資は高めですが、電気は顧客の利用期間が長ければ長いほど必要になります。

pCloudがこの電気代をどこから調達するのか謎です。
それからストレージのあるデータセンターの場所代やメンテナンス要員のお給料など。

 
pCloudの商売モデルでは

一生プランで客をたくさん引き込むー>そのまま倒産してドロン

というクソコンボが可能な点と、やり方がなんか気持ちよくないのでpCloudは使わない結論に達しました。
結構こういうなんとなくイヤって感覚って大事だと思ってます。

 

オンラインストレージ決定!

いろいろオンラインストレージ検討しましたが、自分はオラクルクラウドFree Tierで自前NextCloudサーバー立てて100GByteのストレージを活用しています。
200GまでのストレージAlways無料とか、どんだけ儲かっているでしょうオラクル。 

50Gはwordpressサーバー、50Gは実験用サーバと振り分けたので、ストレージ用に100GByteしか取れませんでしたが、100Gあれば外出先で欲しいデータは入れておけます。