一畳のくつろぎタイム

このブログでは紹介する商品画像をAmazonアソシエイトより借りています。画像やリンクにはアフィリエイト広告が含まれる事があります

2018年11月28日水曜日

MacMiniについて調べたこと

Appleは廉価なモデルにはあまり興味がないみたいで、
2014年から4年間新しいモデルが出ていなかったが、2018年にやっと出たが性能の割に値段は高い。

現存する使用可能なMacMiniは
2011年  メモリ増設が可能(USB2.0) 最新OSのMojaveにアップデート不可能、ぎりぎり
2012年  メモリ増設が可能
2014年  メモリ増設が不可能になる
2018年 メモリ増設が可能 価格がMiniじゃなくなる

2012年のMacMiniは中古がやたらに少ない。
2012年MacMiniにはi7のモデルがあることと、メモリ増設が可能だからかと思う。

MacMini自体中古が少なく2011年macですら3万ぐらいする(定価で6万程度)
MacMiniマスターは2012年のi7モデルに自分でメモリ増設とSSDへの交換をするという事となる。
ただしメモリが異常に高い時期のため、メモリ増設が意外と金がかかること。

あとはOSがSierraあたりからAppleはMacはSSDが標準搭載されてるつもりでOSを作っている気がする。HDDのモデルだと何かするたびに遅くストレスが酷い。
Xcodeのシミュレータ起動なんかは顕著でほんとに5-10分かかる、2011年、2014年のMacMiniでも起動時間はほとんど変わらないので根本的な問題があるように感じる。


MacMiniは本体しかないので、ディスプレイ、マウス、キーボードは別途準備する必要がある。

ディスプレイやマウスは、Windowsパソコンと何も違わないのでいくらでも選択肢があるのだが、キーボードだけは大きな問題がある。

MacのキーボードはWindowsのキーボードとは配置が違うので、ツールと組み合わせることで使えないことはないが、ストレスはある。なので可能ならばMac配列のキーボードが欲しい。

しかし、Appleが有線キーボードの販売をやめてしまい、Appleから買えるのはワイヤレスキーボードしかなくなってしまった。
1万円以上出してAppleの変哲もないキーボードを買うぐらいなら、RealForce買いたいと思う人なので、なんとか安く済まないか考えていくつか候補を

USB有線キーボードはAmazonのマーケットプレースなどで購入することは可能だが、転売屋の価格設定によって異常な値段になっている。

なんと2万えん


代替キーボード候補

LBR-BTK1

秋葉原で発見して、1000円なので買ってきた。
見た目はmacのワイヤレスキーボード!!


iOSデバイスやAndroidとつなぐには支障はないのだが、致命的な問題としてescキーがないのだ。escキーの位置にあるのはホームボタンのキー・・・・・

Xcodeを使う場合escがコード補完の呼び出しなので、escは欲しい。

Mac用途としてはおすすめはしないけど、一応Amazonリンク張っときます。ちょっと店頭より高いですね。

見た目がAppleぽいBluetoothキーボード


buffalo


これが一番無難かと思われる。安いし。
ただし、やけにスペースキーが長いので、MacBookや標準キーボードの日本語ON/OFFの英数、かなキーの感覚で押すとスペースキーになる。それ以外は及第点。

iBUFFALO フルキーボード USB接続 パンタグラフ Macモデル ホワイト


高いのを我慢してApple


普通にAppleのワイヤレスキーボード買う感じかな。ぼったくりの価格よりも安いしおしゃれだし、長持ちすると思う。
MagicKeyboard